家を建てます!一条工務店i-smart

2019年9月に一条工務店と仮契約をしました。小さなi-smartを建てる予定です。家作りについて色々書いていく予定です。

設計打ち合わせスケジュールについて

こんばんは しんちゃんです。

 

 

今年の平均気温が歴代最高になる見込みだそうです。

確かに今年の冬は暖かいですよね。

地球は大丈夫なのでしょうか・・・ 

 

 

さて、先日初回間取りの打ち合わせをしたのですが、その時にこういう物を頂きました。

 

f:id:shinchan-papa:20191221215423j:plain

住まいるブックです。

この住まいる(スマイル)ブックはただのファイルなのですが、

設計打ち合わせスケジュール表というのもを頂きました(このファイルに閉じて打ち合わせの時に毎回持ってくるように言われました)。

説明では一条工務店ではだいたい5回の打ち合わせで全て決定されるとの事でした。

私は間取りが確定するのに5回の打ち合わせをするのかなと思っていたのですが違いました。

全部確定するのが5回という事でした(間取りだけではなく電気関係、照明、壁紙、採用するオプションなど全てです)。

 

みなさんがどのように感じるかは分かりませんが、私は短いな!と感じました。

 

 

今日はこの設計打ち合わせスケジュールについて書いていきます。

これから一条工務店で間取りの打ち合わせをされる予定の方などの少しは参考になればと思います。

 

まずはスケジュール表をご覧になって下さい。

 

f:id:shinchan-papa:20191222223615j:plain

設計スケジュール表です。

このスケジュール表にも打ち合わせの回数は5回分しか書かれていません。

基本はこの5回で全部終わるようです。

 

 

流れ的には、

 

初回打ち合わせ

 

   ↓

 

2回目打ち合わせ

(図面・仕様打ち合わせ)

 

   ↓

 

 3回目打ち合わせ

(基本プラン確定)

 

   ↓

 

4回目打ち合わせ

(電気・照明打ち合わせ)

 

   ↓

 

5回目打ち合わせ

(最終仕様確認)

 

 

という5回で全部決定されるスケジュールです。

 

各打ち合わせの間隔なのですが、設計が1週間ほどかかるようなので(一条ルールの関係でこの設計で大丈夫か審査があり大丈夫なら間取りとして採用できるようです。その審査に1週間ほどかかるようです)、家族などで考える時間も考慮して約2週間と言われました。

 

なので、打ち合わせは月2回ほどになり、私は先日初回打ち合わせをしたので2月末ごろには全て決定しないといけないスケジュールになります

(設計打ち合わせスケジュールは約3カ月という事になります)。

 

3カ月という期間はそのぐらいなのかなと思うのですが、

打ち合わせの回数(5回)が少ないのではと思いました。

 

設計士の方は働き方改革の関係で日曜日は完全にお休みで平日土曜日

しかし土曜日は混んだり予定などもある関係で打ち合わせは

基本平日という事です。

仕事の休みと取って下さいという事でした。

 

平日は中々休みを頂けない方も多いのではないでしょうか?

 

ずっと暮らしていくマイホームを決める大事な打ち合わせがたったの5回なんですね。

他の住宅会社の打ち合わせもこのぐらいなのでしょうか。

 

スケジュール表では間取りの確定が3回目の打ち合わせになっていますが間取りの確定が一番難しいと思います。

色々考えてきましたが中々これでいいというのが決まりません。

色々要望を詰め込むほど大きな家になっていきます。

一条工務店は作りの関係上増築は難しいそうです。

妥協して小さい家にして後から後悔する事もありそうです。

ただ大きくなり過ぎて予算オーバーになり毎月の住宅ローンが払えなくなるというのは最悪のパターンです。

 

あと電気・照明関係も大事な部分です。

よく家を建ててから照明の位置がよくなくて暗い部分があるという失敗談を聞いたりします。

電気もコンセントがうまく配置されてなくて必要な所になる延長コードだらけになってしまう事もあるようです(今のアパートでは延長コードを何本か使っています。延長コードが必須な状況です)。

 

壁紙もアクセントとして大事な部分ですよね。

一条工務店はお洒落な間取りは採用出来ないので(スキップフロアのある家とかいいなと思いますが一条工務店では採用出来ません)壁紙でいい雰囲気を作りたいです。

 

オプションはどこまで採用するか色々悩むポイントだと思います。

一条工務店はほとんどが標準仕様と言われていますが、やっぱりオプションは付ける事になると思います(他の住宅会社よりは少ないと思いますが)。

予算の関係もあるので難しいです(お住まい検討シートを見ていると色々オプションを付けたくなってきます)。

 

f:id:shinchan-papa:20191221215436j:plain

オプションなどが色々書かれています。

これらを全部5回の打ち合わせで決めれるでしょうか。

 

なので、これから一条工務店で打ち合わせをされる方は事前に家族間で間取り、電気・照明関係、壁紙、オプションなど十分検討されてから臨んだ方がいいと思います。

 

一条工務店としても本契約までして後は家を建てるだけなので打ち合わせなどに時間はかけたくないはずです。

営業担当の方も早く済ませて次の契約を取る事を考えているはずです

(本契約をしてからD担当からの連絡はめちゃくちゃ少なくなりました)。

 

初回打ち合わせで感じたのは、打ち合わせは5回で終了するという強いD担当、設計士の意思です(言葉では言いませんが雰囲気からそう感じます)。

後悔しないためにも事前にしっかり準備してから打ち合わせには臨みましょう!

 

私は設計打ち合わせが終わってからの工事着手ご承諾までは契約解除も出来るのでどうしても納得いく打ち合わせが出来なければ解除もありかなと思っています。

急かされて納得いかずに家を作るよりはいいかなと思っています。

そうならないために十分考えていきたいとは思っていますが。

 

打ち合わせはどうなっていくのでしょうか。

色々不安ですが楽しく家作りをしていきたいです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。