家を建てます!一条工務店i-smart

2019年9月に一条工務店と仮契約をしました。小さなi-smartを建てる予定です。家作りについて色々書いていく予定です。

朝日ウッドテックのショールームに行って感じたライブナチュラルプレミアム

こんばんは しんちゃんです。

 

 

 

前回は、フローリングにオプションの朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムを採用したのかという事について書きました。

 

 

www.shinchan-papa.com

 

今日は朝日ウッドテックのショールームに行って感じたライブナチュラルプレミアムについて書いていきます。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

朝日ウッドテックのフローリングの種類

 

 

 

 

一条工務店i-smartのフローリングで朝日ウッドテックの商品は2種類から選ぶ事が出来ます。

  • ライブナチュラルプレミアム
  • ライブナチュラル

 

この2種類です。

 

しかし、朝日ウッドテックの商品は他にも色々あります(詳しくは朝日ウッドテックのホームページをご覧下さい)。

最初は「プレミアム」とあるのでライブナチュラルプレミアムの方が高いんだろうなというぐらいの印象でした。

 

この2種類で何が違うのでしょうか。

 

 

「挽き板」「突き板」どう違うの?

 

 

 

ライブナチュラルプレミアム「挽き板」フローリング、

ライブナチュラル「突き板」フローリングです。

 

この「挽き板」と「突き板」の違いは、表面に使われている化粧材の厚さの違いです。

 

f:id:shinchan-papa:20200324213948p:plain

挽き板フローリングです。

「挽き板」の化粧材の厚さは、「2mm」です。

 

 

f:id:shinchan-papa:20200324213932p:plain

突き板フローリングです。

「突き板」の化粧材の厚さは、「0.3mm」です。

 

朝日ウッドテックの挽き板と突き板はこの厚さですが、もう少し厚さが違う場合もあると思います(挽き板で厚さ3mmとかもあると思います)。

 

どちらも合板の上に貼り付けてあります。

 

これに対して、無垢材フローリングは上の図の全部が「無垢材」となります。

分かりやすく説明すると、無垢材フローリングの標準の厚さは15mmなので、一本の木を厚さ15mmに切ったものが無垢材フローリングです。

 

値段が高いのはもちろん無垢材フローリングになります。

 

同じ15mmでも、無垢材フローリングは1つしか出来ませんが、

挽き板フローリングなら約7つ、突き板フローリングなら約75個ものフローリングを作る事が出来ます。

 

無垢材フローリングは足触りもいいし素敵なフローリングなのですが、本物の木なので、反ったりしてしまいます。

全館床暖房の一条工務店の家には採用出来ません(床暖房のせいで無垢材が反ってしまいます)。

木は収縮したりもするので小さな隙間も出来る事もあります(おじいちゃんの家の床は小さな隙間がよくありました)。

 

反ったり、収縮したり、汚れも気になる無垢材フローリングには最初は全く興味はありませんでした。

 

 

 

一条工務店で採用出来るのは無垢材フローリング以外

 

 

 

 

一条工務店では全館床暖房のため無垢材フローリングは採用出来ません。

一条工務店i-smartのフローリングはEBコートフローリングです。

このEBコートフローリングは印刷したシートが貼り付けてあります。

コーティングもしてあり、汚れにも強く傷がつきにくいそうです(凹みには弱いようですが、それは無垢材も一緒です)。

 

EBコートフローリングを最初採用しようと考えていましたが、色々あり朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムを採用しようと思い、実際見てみたいと思い朝日ウッドテックのショールームに行ってきました(ライブナチュラルプレミアムにしようと思った経緯は前回の記事で書いてありますのでそちらをご覧になって下さい)。

 

 

 

なぜライブナチュラルではなくライブナチュラルプレミアムにしたのか

 

 

 

朝日ウッドテックのライブナチュラルは

  • ブラックウォールナット
  • サペリ
  • カリン

の3種類から選ぶ事が出来ます(朝日ウッドテックのライブナチュラルは他にも色々種類があるのですが、一条工務店ではこの3種類になっています)。

 

どの種類を選んでも、11,000円 /坪のオプション代です。

 

どれも素敵な色合いで印刷したシートでは表現出来ないと思います。

ライブナチュナルプレミアムよりもお手頃価格なのでいいのですが、足触りが気になります。

ライブナチュラルは厚さ0.3mmです。

木は材質でも違いはあると思いますが、木目での足触りも気持ちいいです。

0.3mmではこの木目での足触りは表現出来ないと思います(木目のボコボコした感じです)。

この厚さでも印刷したシートとは違い見た目の表現はいいとは思うのですが、足触りを重要視しているので、ライブナチュラルプレミアムにする事にしました。

 

あと、フローリングの幅も気になりました。

フローリングの張り方には2P3Pとあるようなのです。

 

f:id:shinchan-papa:20200324223901p:plain

朝日ウッドテックのホームページから引用させて頂きました。

 

ライブナチュラルプレミアムは2P

ライブナチュラルは3Pになります(一条工務店での仕様です。朝日ウッドテックではライブナチュラルプレミアムも3Pを選ぶ事が出来るようです。なぜ一条工務店では固定されているのでしょうか)。

 

ちなみに、EBコートフローリングは2P

もう1つの標準フローリングの高耐久フローリングは3Pです。

 

f:id:shinchan-papa:20200324224442p:plain

2Pです。

 

f:id:shinchan-papa:20200324224458p:plain

3Pです。

幅が広いフローリングの方が広く感じるので2Pのライブナチュラルプレミアムの方がいいなという理由もあります。

 

この部分は好みで分かれると思います。

 

 

 

朝日ウッドテックのショールームで実際見たライブナチュラルプレミアム

 

 

 

 

やっと朝日ウッドテックのショールームも話に持っていく事が出来ました(笑)

狭いショールームでしたが、ライブナチュラルプレミアムが全面に貼ってありました。

私が行った朝日ウッドテックのショールームでは床に貼ってあるのは、ライブナチュラルプレミアムのみでした。

 

電話予約した時に、「ライブナチュラルプレミアムのフローリングを見学したいです」とお伝えしたので、ライブナチュラルプレミアムの貼ってある部屋のみ案内されたのでしょうか?

 

一条工務店で採用出来る朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムは3種類です。

 

  • ブラックウォールナット
  • オーク
  • ハードメイプル

 

この3つです。

 

f:id:shinchan-papa:20200324223737j:plain

左がブラックウォールナット、右がオークです。

 

f:id:shinchan-papa:20200324223806j:plain

ハードメイプルです。

 

あと、昔は選ぶ事が出来たブラックチェリーもありました。

 

f:id:shinchan-papa:20200324223752j:plain

ブラックチェリーです。

 

左と右で色が違いますが同じブラックチェリーです(左側が経年後の色です)。

このブラックチェリーはすぐに色が変わるそうで、一条工務店の施主様達から苦情が相次ぎ、一条工務店からはオプションから外れたそうです。

無垢材は経年変化をするのが当たり前ですが、このブラックチェリーは施工中でも色が変わる事があるそうなのです。

工事中にシートなどをかけていた部分とかけていない部分でも色に変化があるようで、住んでからの経年変化ではなく引き渡しの時にすでに色の変化があったりするそうで苦情になったそうです。

 

ブラックチェリーもすごいいい色合いだと思うので、オプションから外すのはもったいない気はしました。

一条工務店のオプションでは外れただけで、朝日ウッドテックでは主力商品として販売しているそうです。

 

説明してくれる社員の方がいたのであまりバシャバシャ写真を撮る事が出来ませんでした(社員の方はどうぞ写真撮って下さいと言って頂いたのですが、私の性格上撮りにくかったです)。

 

ブラックウォールナットはやっぱり高額オプションなだけあって高級感がありました。

木目もいい感じです。

ただ、暗い床になってしまうので採用はしません。

 

オークとハードメイプルで悩んでいます。

 

f:id:shinchan-papa:20200324223722j:plain

オークです。

 

なぜかオークはもう1枚写真を撮っていました。

オークの木目はカッコイイですね。

 

ただ、色がまだらなのと、少し色が暗い感じが気になります。

 

ハードメイプルは明るい色でいい色合いに感じました。

家の中が明るくなると思います。

色はハードメイプルが好きです。

 

問題の足触りなのですが、オークは木目がたくさんあり、ザラザラしています。

見た目は木目が主張していて、高級感はあります。

 

一方、ハードメイプルは木目が少なくツルツルしています。

木目があまり主張していなく、かわいい感じの見た目なのですが、オークと比べると高級感はあまりないです。

 

オークは「ソース顔」、ハードメイプルは「しょうゆ顔」ですね。

 

まとめると、

 

オーク

  • 色・・・少し暗い。グレー・ウォールナットに近い色。
  • 木目・・・激しい主張をしているけど高級感あり。
  • 足触り・・・ザラザラ。夏は涼しいかも。
  • 「ソース顔」

 

ハードメイプル

  • 色・・・明るい色。ライト・ウォールナットに近い色。
  • 木目・・・あまり主張しない。高級感は感じないかも。
  • 足触り・・・ツルツル。気持ちいいです。
  • 「しょうゆ顔」

 

という感じです。

 

このオークとハードメイプル、どちらか決めるのは難しいです。

「どっちでもいい」というのが私と嫁殿の意見でした(笑)

 

どっちでもいいので、オプション代が安い方でいいかという結論になり、我が家は「ハードメイプル」にしました。

どちらも同じオプション代だったら、かなり迷っていました。

決めれないと思います(笑)

 

 

 

まとめ

 

 

 

こういった経緯で、我が家はライブナチュラルプレミアムのハードメイプルを採用する事にしました。

ただ、1階のみです。

2階は高耐久フローリングのプルーンにしたのですが、この事は詳しくは「完成間取り公開」の時に書こうと思います。

 

一条工務店でフローリングに悩まれている方がいましたら、是非実際に朝日ウッドテックのショールームに行かれる事をおすすめします。

カタログや写真などと実際見た印象とは大分違うと思います。

 

私も最初はブラックウォールナットは暗い色だから嫌と思っていましたが、実際にショールームで見てみるとそこまで暗いようには感じず、高級感もありいいなと思いました(それでもやっぱり暗い色だなと思ったので採用はしませんが)。

 

本当は、トイレやセカンド洗面台などもTOTOやパナソニックやリクシルのショールームに行って見てみたいのですが、時間がなく断念しました。

 

 

そういえば、この前3連休に「工事着手ご承諾」をする予定だったのですが、D担当から「図面の更新、仕上がりが遅れているのでもう少し遅くなります」と連絡がありました。

 

今日もまだ連絡はないのですが、どうなっているのでしょうか。

何か問題でもあったのでしょうか。

もしかして、間取りに問題があり、最初から作り直しになるとか???

どうなのでしょうか。

せめて進展状況ぐらいは連絡してもらいたいのですが・・・

 

間取りに問題があったら間取りを作り直しという展開はあるのでしょうか?

もしそうなったら、また全力で考えるだけなのでいいのですが。

間取りは色々なパターンがあり、考えるのは楽しいですから。

 

 

どうなるのでしょうか???

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。